LPI認証取得はお客様の就職に役を立ちます

IT プロフェッショナルにとって自身の職務に対して精通していることは当然のことながら、業界の変化に対応する能力は不可欠であるため、LPI認証取得はお客様の就職に役を立ちます。
LPICレベル3は、「エンタープライズレベルでの仕事が出来る技術者」を認定する資格試験です。
303-200試験を取得するには、LPICレベル3認定の要件をしっかりと理解する必要があります。
暗記しただけじゃ解けない問題が多いので、LPICレベル3認定303-200問題集だけで理解できれば、試験に合格することができます。
LPICレベル3認定303-200問題集はPDF版とソフト版を提供しますので、どこでも勉強してもいいです。
弊社のLPICレベル3認定303-200参考書について、1回全て読み通したあと、問題だけ解くことを1回繰り返します。
弊社のLPICレベル3認定303-200勉強資料だけで合格された方は素晴らしいと思います。

具体的なLPICレベル3認定303-200勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:shikennipass:20170624151818p:plain

LPIC-3 Specialty LPI-303 Securityでは、以下のような、Linuxを使ってエンタープライズレベルの大規模システム構築やコンサルティングができる、最高技術レベルのLinuxプロフェッショナルの能力を確認できます。
Linux環境での認証の技術及びシステムセキュリティを考慮したシステム計画、構成、設計、構築、実装ができる。
セキュアなシステムにするために、ぜい弱性及びその対策を評価し、トラブルシューティングができる。

LPI 303 Security Examは、下記が問題なく行えるというレベルの試験内容となっています。
・出題範囲で概説されている、必要なスキルと経験があること。
・マルチサイトの企業や負荷が非常に高いインターネットサイトなどのように、複雑な自動化の問題向けにカスタマイズしたソリューションを設計して実装することができること。
・プロジェクトを開始し、予算を意識して作業することができること。
・アシスタントを監督し、問題のトラブルシューティングを支援することができること。
・上位管理職のコンサルタントとなれること。

303-200試験概要:

試験番号:303-200
試験名称:LPI 303 Security Exam
試験時間:90分
問題数:約60問
受験費用:30,000円 (税別)

303-200出題範囲にあるそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされている。重みの範囲は概ね1~10であり、それぞれの目標の相対的な重要性を示している。重い目標ほど、試験において多くの問題が出題される。

主題325:暗号化
325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎 (重要度: 5)
325.2 暗号化、署名および認証のX.509 証明書 (重要度: 4)
325.3 暗号化ファイルシステム (重要度: 3)
325.4 DNS と暗号化 (重要度: 5)

主題326:ホストセキュリティ
326.1 ホストの堅牢化 (重要度: 3)
326.2 ホストの侵入検知 (重要度: 4)
326.3 ユーザの管理と認証 (重要度: 5)
326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合 (重要度: 4)

主題327:アクセス制御
327.1 任意アクセス制御 (重要度: 3)
327.2 強制アクセス制御 (重要度: 4)
327.3 ネットワークファイルシステム (重要度: 3)

主題328:ネットワークセキュリティ
328.1 ネットワークの堅牢化 (重要度: 4)
328.2 ネットワークの侵入検知 (重要度: 4)
328.3 パケットフィルタ (重要度: 5)
328.4 仮想プライベートネットワーク(VPN) (重要度: 4)

弊社のLPICレベル3認定303-200参考書だけで合格された方は素晴らしいと思います。
弊社のLPICレベル3認定303-200勉強資料きちんと覚えられるかどうか、ここが一番の問題です。
最新のLPICレベル3認定303-200問題集は何度も繰り返し勉強し、正答率は約97%以上になります。
最新のLPICレベル3認定303-200試験対策で9割程度解けて、解説も理解できているレベルであれば合格できると思います。