McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103試験情報

仕事をする中で知識と実績を積み上げていくことが、実質的なMcAfee資格の役割を果たすこともあります。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE 認定では、McAfee ePolicy Orchestrator と McAfee Data Loss Prevention Endpoint 製品に関する知識と使用技能を審査します。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定を取得すると、他のセキュリティプロフェッショナルとの違いを明確に示すとともに、MA0-103認定試験で網羅されている重要なスキルを習得していることを実証できます。
MA0-103認定試験に受かる勉強サイトを探しているのなら、PassexamのMcAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103問題集はあなたにとって一番良い選択です。
PassexamはMcAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103認定試験に合格するための最も効果的な方法です。
弊社のMcAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103参考書を使用すれば、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります。

具体的MA0-103試験情報はyoutubeのウェブサイトに見てください。

www.youtube.com

MA0-103試験情報:

MA0-103試験の合格者は、McAfee Data Loss Prevention Endpoint ソリューションのインストール、構成、管理を正常に実行するために必要な知識とスキルを有していることが実証されます。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103試験は、cAfee DLPe 製品と関連テクノロジの 1~3 年の使用経験を有するセキュリティプロフェッショナルを対象としています。

MA0-103試験の詳細:

関連試験:MA0-103
試験名称:McAfee Certified Product Specialist - DLPE
関連トレーニング:McAfee Data Loss Prevention Endpoint Administration(4 日間)
問題数:60
試験時間:165 分
合格スコア:78%
試験料:150 米ドル(試験料は変更されることがあります。
正確な料金については、www. prometric.com/mcafee で確認してください)。

MA0-103試験の準備:

この試験に推奨される準備:
4 日間の McAfee Data Loss Prevention Endpoint Administrationトレーニング(https://mcafee.netexam.com/catalog.
html)
McAfee DLPe の 1 年以上の使用経験
McAfee ServicePortal (https://support.mcafee.com
ナレッジドメイン(このガイドの後半を参照)
サンプルの問題(このガイドの後半を参照)

MA0-103試験時間:

Intel Security 認定プログラムの試験時間には、各試験施設で試験中に行われる次の活動の所要時間が含まれます。

試験問題の解答時間
指示を確認する時間と、試験終了後にコメントを提供する時間

Intel Security は、試験の内容および所要時間をいつでも変更できる権利を有します。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103試験内容と時間の最も正確な情報は、試験当日に試験プロバイダに確認してください。試験の開始前には、試験問題の解答時間を示す通知が画面に表示されます。

MA0-103試験ナレッジドメイン

ネットワーキング
システム
アプリケーション
ポリシーと手順
アーキテクチャと統合のベストプラクティス
セキュリティ基盤
運用と管理

McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103参考のために、以下にPassexamのMA0-103試験問題のサンプルを示します。Intel Security 認定製品スペシャリスト DLPe 試験の問題は、形式も内容も以下に示す問題に類似しています。

1.What is the hierarchy used to resolve potential conflicts between application strategies?
A. Archiver> Trusted> Editor> Explorer (Explorer has the lowest ranking)
B. Archiver> Trusted> Explorer> Editor (Editor has the lowest ranking)
C. Archiver> Explorer> Editor> Trusted (Trusted has the lowest ranking)
D. Archiver> Editor> Explorer> Trusted "Trusted has the lowest ranking)
Answer: B

2.The DLP End point administrator needs to prevent sensitive data from being transmitted over FTP.
Which Rule can be configured to meet this requirement?
A. File System Protection Rule
B. Cloud Protection Rule
C. Application File Access Protection Rule
D. Network Communication Protection Rule
Answer: D

3.To assist with perceived performance issues prior to product installation, the DLP End point
Administrator could prepare by
A. disabling unused modules.
B. distributing agent override codes.
C. establishing a system baseline.
D. enabling the system watch dog service.
Answer: C

4.How can incident data be exported?
A. Select specific events in OLP manager to export incident data
B. Run reports or queries to generate specific report and export incident data
C. Use database administration to export incident data
D. Run incident task manager to export incident data
Answer: B
5.Groupings of Applications in McAfee OLP used in rule creation are called
A. Enterprise Applications List.
B. Application Inventory.
C. Application Definitions.
D. Whitelisted Applications.
Answer: C