初心者としてAWS-DevOps-Engineer-Professional試験に合格することができますか?

初心者としてAWS-DevOps-Engineer-Professional試験に合格することができますか?
PassexamのAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional問題集を繰り返すことで、知識を把握して試験に合格することができます。
受験者は弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional学習資料の参考に使用してから、出題内容を習得することができます。
弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional勉強材料を購入するときには、一年で無料アップデートを取得します。
弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional参考書の正解率は非常に高く、1日にぐらいだけ勉強したら、試験に合格することができます。
弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional勉強資料の問題だけでは合格できます。

AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル試験では、AWS プラットフォームでの分散アプリケーションシステムのプロビジョニング、運用、管理における技術的な専門知識を認定します。AWS-DevOps-Engineer-Professional試験で次の点を理解していることが求められます。

AWS での継続的なデプロイが発生するシステムの実装と管理と方法論
セキュリティ管理、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証の理解、実装、および自動化
AWS でのモニタリング、メトリックス、ログ記録システムの定義とデプロイ
AWS プラットフォームでの可用性が高く、スケーラブルで、自己修復機能のあるシステムの実装
運用プロセスを自動化するためのツールの設計、管理、およびメンテナンス

AWS-DevOps-Engineer-Professional試験の概要:

試験名称:AWS-DevOps-Engineer-Professional
必要な前提条件: AWS 認定デベロッパー – アソシエイトまたは AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイトの認定
複数の選択肢と複数の答えがある問題
試験時間: 170 分間
試験は英語および日本語でご利用いただけます。
模擬試験受験料:2,160円 (日本語)
2015年税制改正に伴い、2015年10月1日以降に実施する日本国外から配信されております模擬試験について、消費税を請求させて頂きます。
本試験受験料: 32,400円(日本語版/税込)

弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional受験対策は9割正答できるぐらいまで習熟度を上げます。
弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional試験資料は30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。
そんな高い受験料がかかるので、もし、Amazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional試験に通じない場合、とても残念です。
最新のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professional勉強材料を使えば1週間で合格できたと思いますが、あえて時間をかけて勉強することができます。
弊社のAmazon資格AWS-DevOps-Engineer-Professionalテキストを熟読してから、高得点で合格できました。
AWS-DevOps-Engineer-Professional問題と答えを暗記しただけで、初心者としても10~20時間の独学で、時間が節約します。

1.What method should I use to author automation if I want to wait for a CloudFormation stack to finish
completing in a script?
A. Event subscription using SQS.
B. Event subscription using SNS.
C. Poll using <code>ListStacks</code> / <code>list-stacks</code>.
D. Poll using <code>GetStackStatus</code> / <code>get-stack-status</code>.
Answer: C
Explanation:
Event driven systems are good for IFTTT logic, but only polling will make a script wait to complete.
ListStacks / list-stacks is a real method, GetStackStatus / get-stack-status is not.
Reference: http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/cloudformation/list-stacks.html

2.Your application consists of 10% writes and 90% reads. You currently service all requests through a
Route53 Alias Record directed towards an AWS ELB, which sits in front of an EC2 Auto Scaling Group.
Your system is getting very expensive when there are large traffic spikes during certain news events,
during which many more people request to read similar data all at the same time.
What is the simplest and cheapest way to reduce costs and scale with spikes like this?
A. Create an S3 bucket and asynchronously replicate common requests responses into S3 objects. When
a request comes in for a precomputed response, redirect to AWS S3.
B. Create another ELB and Auto Scaling Group layer mounted on top of the other system, adding a tier to
the system. Serve most read requests out of the top layer.
C. Create a CloudFront Distribution and direct Route53 to the Distribution. Use the ELB as an Origin and
specify Cache Behaviours to proxy cache requests which can be served late.
D. Create a Memcached cluster in AWS ElastiCache. Create cache logic to serve requests which can be
served late from the in-memory cache for increased performance.
Answer: C
Explanation:
CloudFront is ideal for scenarios in which entire requests can be served out of a cache and usage
patterns involve heavy reads and spikiness in demand.
A cache behavior is the set of rules you configure for a given URL pattern based on file extensions, file
names, or any portion of a URL path on your website (e.g., *.jpg). You can configure multiple cache
behaviors for your web distribution. Amazon CloudFront will match incoming viewer requests with your list
of URL patterns, and if there is a match, the service will honor the cache behavior you configure for that
URL pattern. Each cache behavior can include the following Amazon CloudFront configuration values:
origin server name, viewer connection protocol, minimum expiration period, query string parameters,
cookies, and trusted signers for private content.
Reference: https://aws.amazon.com/cloudfront/dynamic-content/